消費者保護は、企業による不公正な商取引に対して購買者を保護するものです。消費者保護法に従い、購買者には市場において公正な取引、競争および正確な情報が保証され、当該規則を遵守しない企業に対して訴訟を起こす権利があります。

以下の条件に該当する場合、不公正取引とみなされます。

  • 行動もしくは発言、または行動もしくは発言の省略により、消費者が騙されたり勘違いしたりする
  • 不当な請求を行う

当事務所のサポート内容:

  • 当事務所の管轄範囲内における消費者保護法および規則に関するアドバイス
  • 消費者保証契約、瑕疵担保責任、不公正な商取引、不公正な契約条件および商品安全性の分野におけるコンプライアンスに関するガイダンス